フランス現地シェフにサンプル発送。翻訳を介したやりとりで直接市場調査。好感触を得たら、シェフから卸を紹介してもらい商談。

ミッション

  • HOME »
  • ミッション

みなさま
合同会社JEXPO、CEO(代表社員)の堺武志と申します。
拠点は福岡市です。

わたしたちは、海外販路開拓の「常識」を
ゼロから見直しました。

・まず海外展示会ありき
・パートナー・バイヤーまかせが当たり前
・メインのパートナーは日系
・ターゲットは東南アジア・中国
・いきなり大ロット・大手取引狙い
・先遣隊が開拓したルートに乗っかる

CROSS FOODSは、
「どうも、そうではなさそうだ」
「独自のチャレンジが必要だ」
とお感じの方だけに用意した
「ありそうでなかった」全く新しいサービスです。

CROSS FOODSは、WEBコミュニティ。
当面のターゲットはフランス。
日本の食材に関心をもつフランス人のシェフ等を集客しています。

御社が自社食材を紹介すれば、CROSS FOODSが仏訳。
現地シェフからサンプルリクエストが届きます。

御社がサンプルをフランスへ発送したあとは、
翻訳を通して直接メッセージのやりとりができます。

「現地でも美味しいか?」
「現地向きの調理法やレシピは?」
「いくらなら買う?」
もちろん見積の提示や、商談もできます。

「出口と自力で交渉」して
「現地を実感」しながら自力で取引先を勝ち取れます。

現地で反響が良ければ、現地卸業者さま等へご紹介いたします。

業者さまが販路開拓で苦労しているのは
商材、価格、貿易知識、法規制、外国語
実は、どれでもないと考えます。

苦労の最大の原因は
「現地・出口を実感できる機会がないこと」
「商談相手との意思疎通・交渉能力が足りないこと」
だというのが、わたしたちの考えです。

つい最近まで鎖国していた島国の我々には
外国が苦手という意識を克服できない
DNAが脈々と息づいています。
「あうんの呼吸」が通じない異国の人とは
どういう人なのか?どう接するのか?どう信頼を築くのか?
そこがわからないのです。

そこがわかるのは
「パートナーまかせ」をいったんやめ
「現地・出口を自ら実感」しながら
「自力でチャレンジ」
することのみです。
これこそが取引先を勝ち取れるいちばんの近道です。
いずれパートナーに任せるとしても、この経験は必須です。

この主旨に賛同いただけるみなさまの
チャレンジをぜひともバックアップしたい所存です。

もちろん、「どうしてもわからない」という方には
訪問サポート等も承ります。

*生産者さま・食品業者さま
http://suppliers.cross-foods.net/jp/
*CROSS FOODSをご活用して業者さまを支援したい行政機関・支援機関さま
http://cross-foods.net/support/
*CROSS FOODSを業者さまにご紹介いただけるエージェントさま
http://cross-foods.net/questions/

からのお申込み・お問合せを心よりお待ちしております。
どうぞよろしくお願いいたします。

PAGETOP
Copyright © SUPPLIERS CROSS FOODS All Rights Reserved.
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.